アレイガ



高機能ガラスやフィルムといった従来の窓ガラスから温度上昇対策には、価格や耐久性、可視光透過率、クリーニングなど多くの課題がありました。窓ガラス用透明コーティング剤『アレイガ』は、半導体金属酸化物を超微粒子化し溶剤に分散した液体でコーティング膜を形成。ガラス面を下処理し、直接塗るだけで紫外線や近赤外線(熱線)のカットが可能。「低価格&高機能」を実現し、省エネ効果による「コスト削減」「環境保護」など、その窓から新しい未来がひろがります。




「アレイガ」は、有害な紫外線を95%以上カット。皮膚ガンや、シミ、ソバカス等から身体を守ります。また、カーテン、装飾品、じゅうたんなど、室内窓際物品の日焼けによる変色・劣化を防ぎます。 人が暑さを感じる原因である近赤外線を35%カット。塗るだけで-2℃~-5℃の効果があり、オフィスうあ住宅の省エネとco2削減に貢献。冷房の設定温度を2℃上げれば、最大20%の省エネに効果が望めます。
可視透過性は80%以上。明るさや色をほとんど変化させることがなく、ホテルうあ飲食店、ショールームなど景観を大切にしたい業態にも安心。建築材料として重要な不燃性にも実証されています。 塗布して30分で指触乾燥し、完全硬化すると鉛筆硬度で4Hのコーディング膜になります。高い硬度で、掃除などでも傷も付きにくく、気象による劣化もありません。耐用年数は10年以上で一般的なフィルムより長持ちです。
蛾やカメムシなどの昆虫は、蛍光灯などから発せられる紫外線に集まる習性があります。「アレイガ」は夜間も室内照明からの紫外線をカットするので、これらの昆虫も寄せ付けにくくなります。飲食店やホテルなど、清潔さが大切な施設に最適です。 フィルムは熱を溜めやすい性質があり、特に網入りガラスへの施工は、ガラス・鉄線・フィルムすべての膨張率が違うため、湿度変化によって熱割れする危険性があります。「アレイガ」は膜厚が非常に薄いため、熱割れしにくくなっています。
お見積もり、事業についてのお問い合わせはコチラから
お電話でのお問い合わせ 077-553-2200 パソコンからのお問い合わせ